Archive for the ‘未分類’ Category

おまとめローンの審査に通りやすい人とは?

5月 23rd, 2017

複数の金融機関からお金を借りていると返済の手間がかかるため、色々なトラブルを発生させやすいです。
更にこのような形でお金を借りている場合は金利負担が大きくなりやすく、そのような問題も起こってしまいます。
そういう所があるので複数の金融機関からお金を借りている場合は、特定の金融機関の借り入れにまとめてしまったほうがうまく行きます。
そのような借り入れが可能なものとしておまとめローンがあり、このローンは非常に大きなお金を借りることができます。
おまとめローンではある程度まとまったお金を借りることができるので、そのお金で複数の借り入れの返済をまとめで返すことができます。
そういう形で色々な借金を一つにすることができますから、借り入れ返済を効率的に行いたい時に便利です。
またこのおまとめローンには審査に通りやすい人がおり、それは過去の返済でトラブルを起こしていない人です。
金融機関からお金を借りたり返したりした場合は、その記録がとある機関に保存されるようになっています。
そのため問題のある返済をしているとデータが残ってしまい、そのデータはどの金融機関でも見ることができます。
そういう所がありますからこのようなローンを利用する場合は、過去の返済で問題を起こしていないと審査に通りやすいです。
他の点としてあるのは借入をしている金融機関が少ないことで、このような条件もローンを利用する時に重要になります。
複数の金融機関と契約をしている人物は、それだけいろいろな借金をする可能性があると金融機関は判断します。
そのためこのローンを利用したい場合は利用している業者を減らし、クレジットカードの契約も最小限にした方がいいです。
そういう形で色々なところからの借入を減らしていけば、このローンを利用した時に審査に通りやすくなります。
おまとめローンの審査に通りやすい人としては、過去の借入でトラブルを起こしていない人の場合は通りやすいです。
それ以外では借りている金融機関の数が少なく、クレジットカードなどの契約を多くしていない場合も審査に通りやすくなります。
過去の返済についてはどうにもならないところがありますが、借りている金融機関の数やクレジットカードの契約は対応しやすいです。
そのためもしこのようなローンを利用したい場合は、借りている金融機関の数を減らしカードも必要以外は解約した方がいいです。
そういう形で対応をしておけば金融機関のおまとめローンを使いやすくなるので、借金の返済がかなり楽になります。

カードローンの借り換え

6月 2nd, 2013

一般的に、カードローンの借り換えとは、現在利用中のカードローン以外の他のローン商品を利用して、現在利用中のカードローン残高以上の金額を借り入れ、その資金をこれまで利用していたカードローンの返済に充てる事を指します。これには、借り換えの仕方によっては2つのメリットが生じます。

①支払利息の軽減効果・・・借り換え時に利用する他のローン商品の適用金利が、これまで利用していたカードローンのそれより低い場合、同額の利用であれば支払利息は減少します。

②計画的返済の実現・・・通常、カードローンという商品は当座貸越契約の一種です。これは、一定の金額・期間の範囲内において借主の自由意思で反復・継続して借入ができる借入形態です。つまり、一般的な住宅ローンなどのいわゆる証書貸付(資金調達は最初の1回のみで、借入後は定期的に一定額の返済が義務付けられる借入形態。例えば12万円を借り入れ、毎月月末に1万円を返済し、1年後に完済するというパターン)と違い、仮に余裕資金でカードローンの利用残高を減らした(=返済した)としても、後に借主のみの判断で再度カードローンを利用して借入ができる事から、つい計画的な返済を疎かにし、いつまで経っても残高が減らないというケースが多く生じます。これを、住宅ローンのような証書貸付型のローン商品に借り換えると、以降は返済のみを行うことになるので、結果的に計画的に返済しやすくなります。また、適用金利についても、仮にこれまでのカードローンと同金利であっても、カードローンと違って借入残高は返済を延滞しない限り確実に減っていきますので、その分支払利息も逓減し、一定の金利メリットも見込まれます。

カードローンの借り換えを行う際は、上記の2点を考慮し、まずは現在のカードローンの適用金利より低い金利のローン商品を探し、利用するようにしましょう。ただ、カードローンは上記②の通り自由に反復継続して利用できるローン商品のため、利用方法を誤ると多くの金利負担を抱える事になります。また、自由に利用できる側面から、適用金利はおおよそ他のローン商品より高めに設定してあるケースが殆どです。これらを考慮し、借り換えを行う際は、あわせて今後の具体的な返済計画をきちんと立てるようにしましょう。