Welcome!

カードローンの借り換えは早期に行うことです

6月 6th, 2013

カードローンの借り換えというのは、簡単にいえば複数のカードローン契約を1本ないし2本にまとめることです。 借入限度額が30万円のカードローン2本を限度額まで借入していれば、借り入総額は60万円です。その返済のために3枚のカードローンを使用すると借り入総額が、あっという間に膨らみ自分ではどうしようもなくなってしまいます。借り入の返済のために借り入をした時点でアウトなのです。 複数の借り入があると、大抵の人は何がなんだか分からなくなり、気が付いたときには何に使ったのか分からないまま返済不能の多額の負債を負った状態になります。自分でこれは無理と思ったときには、時すでに遅しの状態なのです。 複数のカードローンの借入残高あるときには、できるだけ早い時期に1本にすることです。借入残高が多くなると、借り換えをしたくても審査に通ることはありません。また、返済が遅れた実績が記録されれば完全にアウトです。そうなる前に借り換えを実行しないといけません。 多くのカードローン会社や金融会社では「おまとめローン」という名称の金融商品が発売されています。これを上手に使って、毎月の返済の悩みから解放されれば、生活が前向きになり借り入の返済も早くなります。

カードローンの借り換え

6月 2nd, 2013

一般的に、カードローンの借り換えとは、現在利用中のカードローン以外の他のローン商品を利用して、現在利用中のカードローン残高以上の金額を借り入れ、その資金をこれまで利用していたカードローンの返済に充てる事を指します。これには、借り換えの仕方によっては2つのメリットが生じます。

①支払利息の軽減効果・・・借り換え時に利用する他のローン商品の適用金利が、これまで利用していたカードローンのそれより低い場合、同額の利用であれば支払利息は減少します。

②計画的返済の実現・・・通常、カードローンという商品は当座貸越契約の一種です。これは、一定の金額・期間の範囲内において借主の自由意思で反復・継続して借入ができる借入形態です。つまり、一般的な住宅ローンなどのいわゆる証書貸付(資金調達は最初の1回のみで、借入後は定期的に一定額の返済が義務付けられる借入形態。例えば12万円を借り入れ、毎月月末に1万円を返済し、1年後に完済するというパターン)と違い、仮に余裕資金でカードローンの利用残高を減らした(=返済した)としても、後に借主のみの判断で再度カードローンを利用して借入ができる事から、つい計画的な返済を疎かにし、いつまで経っても残高が減らないというケースが多く生じます。これを、住宅ローンのような証書貸付型のローン商品に借り換えると、以降は返済のみを行うことになるので、結果的に計画的に返済しやすくなります。また、適用金利についても、仮にこれまでのカードローンと同金利であっても、カードローンと違って借入残高は返済を延滞しない限り確実に減っていきますので、その分支払利息も逓減し、一定の金利メリットも見込まれます。

カードローンの借り換えを行う際は、上記の2点を考慮し、まずは現在のカードローンの適用金利より低い金利のローン商品を探し、利用するようにしましょう。ただ、カードローンは上記②の通り自由に反復継続して利用できるローン商品のため、利用方法を誤ると多くの金利負担を抱える事になります。また、自由に利用できる側面から、適用金利はおおよそ他のローン商品より高めに設定してあるケースが殆どです。これらを考慮し、借り換えを行う際は、あわせて今後の具体的な返済計画をきちんと立てるようにしましょう。

おまとめローン

6月 2nd, 2013

3年前、私はとあるネットバンクのカードローンを筆頭に4件ほどから計300万円ほどお金を借りていました。
いわゆる多重債務というやつです。
そしてその4件とも、支払日がまちまちであったたと言う事と金利手数料が18%と非常に高かったため、支払いスケジュールを立てたり、毎月の返済額が金利手数料をうわまるようにと色々計算をしながら返済を繰り返して来ました。
しかし、金利手数料が18%というのはやはり高く300万円の18%など想像しただけでも恐ろしいことや、支払日がまちまちで計画が立てにくいことから、とある銀行の借り換えおまとめローンを活用することとしました。
早速申し込みをしようとすると、現在の借入額や借入件数、年収や勤続年数などを記入した上、連絡を待ちました。
すると審査が通ったらしく、その当時多重債務で抱えていた300万円を借り換えしてくれるとのことでした。
支払いを一本化できる事もさることながら、金利手数料が年間12%と非常に低く、さらにその銀行に貯蓄をしておくと、支払いとみなされさらに金利手数料が低くなるという事でした。
これなら貯金をしながらでも返済をしていけると思い、受諾する形となりました。
その後は無理なく返済を出来たことと年利が安いことから今現在は無事に完済しております。
多重債務の場合、借り換えで一本化するのが完済への近道であると思いました。

簡単になったカードローンの借り換え

6月 2nd, 2013

いろいろな金融機関が、様々な内容のカードローンを用意するようになっており、現在利用しているローンよりも魅力的な内容の商品を、融資を受けてすぐの段階で発見するケースも珍しくはありません。そういった場合でもローンの乗り換えを簡単に行う事ができるのが、現在行われている借り換えローンと呼ばれるカードローンの魅力となっています。

借り換えを目的としたローンといえば、借金が膨らんでしまい返済に苦しんだような利用者に向けた商品というイメージが強くありましたが、現在では利用初期の段階でも有利な商品を選択しなおせるような内容へと変化しています。大手銀行のほとんどで借り換えローンは用意されており、信頼度という部分においても安心できるようになっています。

いろいろな商品があるので、利用するためには様々な商品について比べる事が必要になっています。銀行、信販会社、消費者金融など借り換えローンを行っている金融機関は多岐にわたっており、その中の業者においても独自の商品が用意されています。融資の内容について比較するという事を行うだけでも、社会生活に必要な経済の学習となります。

借り換えの対象となるのはキャッシングローンと呼ばれる小口の融資だけではありません。大きな金額を利用する事が出来るローンでも対応する事が出来るローン 借り換えが用意されています。